読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nenzaboy

子どもを支援する仕事をしながら日記を書いています。

僕がHuluを使う理由 クリミナルマインド

日記

こんにちは。完全に三日坊主の襲来かとおもいましたが、ぎりぎりのところで踏ん張っています。Nenzaboyです。

 

f:id:mazymart:20161217125305j:image

 

いつだか僕がHuluでメンタリストを見ている事を書いたと思います。Huluを使っているのは、ある海外ドラマを見るためです。メンタリストももちろん楽しんで見ていますが、僕が少ない給料の中でやりくりしながらも贅沢な月額を払ってまで見たい海外ドラマはこちらです。

 

f:id:mazymart:20161217125934p:imageクリミナルマインド FBI vs.異常犯罪

 

そう、クリミナルマインドです。これ間違いないですマジで。これの為だけに加入しました。結構長いことやってる作品で、僕は高校生の頃に実家のWOWOWでやっててハマりました。ドンバマリ。心理戦が好きな人やアクション好きな人、またオカルト好きも。多くの人が楽しめる作品です。

内容としてはFBIのBAU/行動分析科のチームがシリアルキラーやスプリーキラーといった連続殺人鬼などの異常犯罪を担当していて、犯罪が起きた現場に残された痕跡から犯人がどういった人間なのかを分析する「プロファイリング」を駆使して犯人特定、次の犯罪を阻止します。

 

じゃあクリミナルマインドの何がすごいのかって話なんですけど

『犯罪者がやばい』

これです。

 

もちろん犯人の特定もすごく細かい所から分析して特定していくので、全てのピースがパキパキとハマっていく工程に爽快感を味わいながら気持ちよく見れますし、登場するキャラクターも個性豊かで最高にカッコいいしイカしてます。でも、登場する『犯罪者がやばい』。

 

どういうことかというとクリミナルマインドに登場する犯罪者は、BAUが行動分析をする対象なので「めちゃくちゃ設定がしっかりしてる」んです。

そもそも行動分析ってなにしてんの?って思うかも知れないのでさらっと。現場に残された痕跡をもとに、幼少期の育ちや家族構成、トラウマ、職場環境、家庭環境、住環境、所有物、性癖などほんとに様々な犯罪者の内面や環境を特定していってます。これは見た方が早い。一見の価値あり。

 

ということで、こんだけ細かい事を分析していくので犯罪者がただの悪いやつとして描かれるのではなく、犯罪を行うようになった経緯や犯罪を犯している中での心情などもしっかりと描かれているんです。

そしてタイトルにもある通り、登場する犯人の9割9分が異常犯罪なんですけど。これが本当に「常軌を逸した異常」すぎて衝撃がデカい。

『恐怖の内に死んだ人間の皮膚を切り取って香水作る犯人』とか、『女の人と鉄がぶつかる所を見て興奮する性癖』とか。

はああああ?って感じじゃないですか、こんなわけわかんないもの。はああああ?って言いましたよ僕も。

そんな非日常すぎるイカれた犯人達も、生い立ちや心情がしっかり描かれてるんです。描かれた所で共感は全く出来ないんですけど、「あぁ、そういう人間もいるのかなあ」と何となく思ってしまう説得力があるんですよね。

 

どうでしょう、ちょっとでも興味湧いたならぜひ見てみて下さい。あまりにも言いたい事が多すぎて書き切れないので、今日はここらへんで終わりにします。

ちなみに今Huluではseason9まで見れるクリミナルマインドですが、アメリカではseason12を放送中のようです。待ち遠しすぎる!

 

それではまた。