Nenzaboy

子どもを支援する仕事をしながら日記を書いています。

卒業シーズン到来

こんにちは。Nenzaboyです。

 子どもと関わる職業なので、卒業シーズンに入るとかなり忙しくなります。僕の働いている会社では3歳から18歳の子が来ているので、大忙し。ほんとに大忙し。ハッキリ言ってしまえばめちゃくちゃ仕事溜まってます。

 そんな卒業シーズンですが、いくら慣れてきたとはいえ、子どもの卒業式なんて見た日にはそりゃもう感慨深すぎて心が洗われるようですね。

 

 不安が大きく荒れる子もいれば、新しい環境に胸を躍らせる子もたくさんいます。どの子も自分なりに一生懸命に毎日生きて、いろんなことを学んでいます。

 先日見させてもらった卒業式では、子どもが椅子に座ってそわそわ。ちゃんと並んで、名前を呼ばれると緊張しつつ壇上にあがって、証書をもらい、お辞儀をする。

これだけでグッとくる。

 歌なんて歌われたらどうしようもないですね。どうしよう。

 

 初めは心配してばっかりだったのに、こうやって立派に大人になっていくんだなあ。

 

 しみじみと、子どもたちの輝かしい成長と、1年が残酷な程はやく流れる事に気付かされる貴重な季節ですね。

 

 子どもたちに幸多かれと願うばかりです。