Nenzaboy 節約ソロキャンプ

基本的に金欠で、キャンプ道具を選ぶのもコスパ重視。ソロキャンプはほぼ毎週。

足クサさん必見!足の臭い対策で効果抜群のミョウバン水の作り方

こんにちは。Nenzaboyです。

 突然ですが、僕は足の臭いが常人のレベルを超えています。自分の足の臭いを自覚してない時に「なんかこの部屋臭くない?、、テロ?」と思い、臭いの元を探して部屋のあらゆる臭そうな物をクンクンしてる途中で自分の足だと気付いた時の衝撃を今でも覚えています。

 もしやと思って床で丸まって自分の足を嗅いだ時、自分の身体の固さと足の臭さと勘の鈍さに「ふふっ」って笑ったあと、すぐに真顔でお風呂に行き、入念に足を洗いました。本当に臭かったので。

 

 とはいえ、普段から適当に生きている僕なので何も気にせずに足の臭さをばら撒きながら生活していました。その成果、友人達は僕の足の臭いがすると「うわ、くっさ!もう夏が来たのかあ」と言い始めるようになったのです。

 まさか自分の足が夏を知らせることになるとは思ってもみなかったので、「俺は夏を知らせる男になったんだな」と恥ずかしさと嬉しさがありました。身の引き締まる思いで、危うく責任感さえ抱きそうになりました。

 このように足が臭いことに関して周囲から絶大な信頼を勝ち得ている僕ですが、いかんせん人を相手にした仕事をしているので、仕事に支障が出てはいけないと思い、少しずつ対策をし始めました。

 その対策の中から効果的だったものを書いていきたいと思います。

 

足の臭いを消す方法

靴下を良いやつに変える

 これが一番最初に効果を感じました。いつもはGUとかユニクロとかで売ってる1番安い○個セットで500円!みたいなヤツを買ってたのですが、登山する時用に買ったウールの靴下を履いたらビックリするくらいに臭いがしなくなりました。ちょっと厚手で蒸れそうな感じがしてたんですが、履いてみるとなぜか全然蒸れない。1日くらいであれば余裕の臭い対策だと思います。ちなみにモンベルのメリノウールだと洗うのが楽チンなので超おすすめです。ただ乾燥機はダメみたいなのでご注意を。

 

ミョウバン

 聞いたことあります?ミョウバン水。今回はこの最高のサイドキック(相棒)であるミョウバン水がメインです。

 なんといっても足の臭い対策の決定版と言っても良いレベルのハイクオリティ。しかも超簡単に作れる。

 水にミョウバン入れて混ぜて、ほっとくだけ。

 使い方も霧吹きでシュシュっと靴とか靴下、もしくは直接足に吹くだけです。

 なんか足の臭いの大体の原因は靴とかサンダルにこびりついた菌らしく、たとえ足を綺麗にしたところでなんの解決にもならずに、靴やサンダルに染み付いたナノレベルの足臭物質によってすぐ臭い始めるらしいです。

 ちなみにミョウバン水はすぐに臭いを消すのではなく、乾く時に臭いを取っていくようなので、家に帰ってから靴にシュシュっとして置くのが良さそうです。出る前にシュシュっとしてしまうと、臭うし湿ってるしのダブルパンチで逆に臭くなりそう。つまりなんの得もなさそうです。

 

 足臭の民は飲み会とかで座敷とかあがるの嫌なんですよね。臭いから。

 周りが「くっさー!」ってなるだけなら「えへへ」って言ってれば、それから距離を置かれる程度に嫌われるだけで済みますよね。

 でも、足に1番近いのが誰かと言われれば間違いなく自分なので、当人としてみれば「俺の方が絶対臭いんですけど?しかも足切り落とす以外にこの臭いから逃げる方法ないんですけど??」となるワケ。そんなワケでミョウバン水の登場ですよ!

 さっきも書いたけど一応もう一度丁寧な作り方も書いておきますね。

 

ミョウバン水の作り方

ミョウバンと水を混ぜる

 水1リットルに対して30gのミョウバンをいれます。500mlなら15gですね。

 

ミョウバンが溶けるまで待つ

 ミョウバンが意外と溶けにくいので適当に混ぜた後は待ちます。一日くらいで溶けるハズなので放っておけば大丈夫。

 

使う時は薄める

 実際に使うスプレーボトルに入れる時はミョウバン水を30倍くらいで薄めます。コーヒーの粉とお湯くらいの割合ですね。

 

完成

 まさかの3ステップ。混ぜて待つ、薄める。これだけです。時間はかかるんですけど、むしろやることは1つ。混ぜる。

 たったこれだけで足臭の呪いから解き放たれるのであれば最高じゃないですか?

 

 ちなみにミョウバンは漬け物を作るときに使うものらしいのでスーパーの食品売り場に売っています。足の浅漬けを想像しながら吹きかけると、ちょっとやばい趣味の人っぽくなるのでオススメです。

それでは!