Nenzaboy

子どもを支援する仕事をしながら日記を書いています。

ソロキャンプへ移行するならバックパック選びを慎重に!

歳のせいか生活習慣のせいか、ふとした時に自分からフワッと鹿の匂いがすることに気付いて傷ついています。Nenzaboyです。
f:id:mazymart:20170817231712j:image

 今こそこそと野営ソロキャンプに向けて持っている道具を見直しながら色々買い揃えているのですが、その中で1つ失敗したーってのがあって。

それがバックパック。野営地までは近場まで車かバスかで行って、そこからは徒歩で行く予定なので、超必須アイテムです。

 

もうすでにバックパックを買っているのですが、それが自分の首を締める結果になっています。

ズバリ、持って行きたいものをバックパックに詰められない状況です。

 

「バックパックには最小限のものだけを詰めるようにしてるから、最低限の大きさでいい。」

 

みたいなガチで登山してる人達のクソカッコいい言葉を鵜呑みにしてしまった。

その結果僕の手元にあるのはBOOKOFF500円だったっていう理由だけで衝動買いした(おそらく)化石みたいな40リットルくらいのMILLETのバックパック。
f:id:mazymart:20170817230949j:image


自分じゃ絶対選ばないオールディーズなカラーリングも最高。なにより機能の良し悪しとかもまだよくわかってない状況で、あんまり大きすぎないし安いという安直な理由で購入。登山家の彼らの本来の意図を全く汲めてない暴挙です。 

 

これに全部の道具入るとかワクワクするぞ!と思いながらバックパックに詰め始めた瞬間に気付いた。

「ちょっと待って!あの人達が持ってるテントとか寝袋とか、超良いヤツだ!」

なんせ持っていたmont-bellのムーンライト3型WILD-1のオリジナルシュラフでバックパックの半分以上埋まっちゃった
f:id:mazymart:20170817231350j:image

 この見た目よりかは立体的な分容量はあるけど、全然入らない。やばい。 買って30分で絶望の入り口に立たされた気分だった。

どんな装備だとここに色々詰められるの?と色んなサイトを見に行くとMSRやNEMOといっためちゃめちゃカッコいい上にコンパクト&軽量なテントがわんさか出てくるじゃないですか。

もうその頃には

「こんなに違いがあるんだ。へぇー。ほぼ手のひらサイズじゃん。」

みたいなノリで感心しながら見てました。そんな最上級品ばっかり見てると段々誘惑されていくし、感覚も鈍るワケです。

「こんくらい小さければ何でも詰められるんだろうなあ。かっけーなあ、欲しいなあ。3万なら安いんじゃない?」

 そして、なぜか買う予定で進められていくテント探しの末路。

「よーしこの際だし、奮発して買っちゃおうかな!」

 

なんて魔が差してAmazonで商品見てる時にハッとした。

いやいや、待てよ?

 

そういえば自分が行きたいのは北アルプスとかの高山ではなく、車では入れないってだけの近所の山。つまり低山ということを思い出した。戦うべきは過酷な山行や極限の寒さじゃない。

 

テントの値段も気軽にポンと出せないし、やっぱりタープの下でゆっくりしたい。そこらへんに落ちてる薪拾ってずっと焚き火してたい。段々我に返ってきた。

キツい登りとかは無く人の居ない場所でのんびりキャンプが理想。多少重くてもバックパックに詰められさえすれば、あとは自分の気力と体力との相談だったはずなのです。

ある程度コンパクトでも重めのテントでいいなら半額以下の物もある。それなら何とか手が出そう。シュラフ夏の低山ならどうにかなるんじゃないかな。一応最近の気温チェックしておくか。などとやっと具体的になってきた

 

僕と似たようなキャンプしたい貧乏キャンパーには

BOOKOFFでバックパック買う時はとりあえず大きめのにしなね」

オススメする。軽くするのは荷物減らせば良いだけだから。そしたら徐々に道具を集めることも出来る。

まだ体も元気だし、ちょっと重いくらい多分平気だよ!きっと!

 

どこのサイトにも書いてあったけど、自分の持ってる物のサイズと重さを知っておくのが1番良いのを実感させられた。めんどくさくてやらなかったことを、死ぬほど後悔してます。

事前に最低限の荷物でソロキャンプ行ってみて、必要な道具を選り分ける手間があるともっと移行しやすいはず。

 

とはいえ、もう買ってしまったMILLETのバックパック。500円だったとはいえ、どうにか野営ソロキャンプしなきゃ報われない

 金もないし、時間もかかるだろうけど、このMILLETで絶対野営しよう。その為にとりあえず車で行ける所にソロで行って、必要な道具を選り分けます。

 

僕のMILLETが活躍するまではもう少しかかりそうです。

それではまた。

始めてのソロキャンプで楽しみたいこと

こんにちは、ソロキャンプデビュー(野営)をしようと画策していますが、何の知識もないので熊が怖い。Nenzaboyです。


f:id:mazymart:20170808210218j:image

 

これまでグループキャンプ→少人数キャンプ→デュオキャンプと確実に帯同人数が減っているので自然な流れのように感じています。でもなぜかソロキャンプって「特別な壁」があるように感じているのも事実。

そこで、まだソロキャンプをした事のない僕がソロキャンプに求めている事を挙げておきます。

ちなみにですが、ソロキャンプは野営をしたいと思っています。せっかくの機会なので「知り合いが居ないソロキャンプ」ではなく、「誰もいないソロキャンプ」をしたいなあと考えているので。

 

1.自然との対話がしたい

まず求めているのはこれまでのキャンプと変わらない「自然との対話」です。

季節や気温、設営場所、周囲の環境によって様々なことを感じることで人間が動物であることを思い出せるようなキャンプが好き。そして動物の中で人間は知恵を武器にしている。自分の持っている道具などを使って快適に過ごそうと努力することも自然との対話になるかと思っています。快適の基準は人それぞれなので、対話の内容(キャンプのスタイル)が違っているのも楽しさのひとつではないでしょうか。

特にソロキャンプは人と話す機会も無いと思うので、じっくりと自然と向き合い、楽しむことが出来ればいいなと思います。

 

2.焚き火がしたい

なんといってもキャンプに焚き火は必要不可欠。僕は焚き火をする為にキャンプに行っているようなものです。

着火剤や薪は現地で自然の物を使う予定なので、その他焚き火用の装備を揃えて行ければと考えています。

1人で焚き火しながらゆったり過ごす時間ってどんな事を感じて、考えるんだろうか。まだあんまりイメージが湧いてないのが現状です。

f:id:mazymart:20170808210352j:image

 

3.自分の負の感情を見つめたい

ソロキャンプは周りに人が居ない。その状況で一晩を明かすわけで、きっと寂しさとか孤独感みたいな感情もうまれてくるんだろうと思う。「やっぱ友達誘って飲みにでもいけば良かった」なんて思うかも知れない。

でも楽しいこと探して飽きたら次へを繰り返してきたので、だんだん楽しいっていう感覚が麻痺してきてるんじゃないかなあと個人的には感じている。楽しいのハードルが常に上昇しているような感じ。

それと、本当に必要な人間関係以外はいらないと思っているんだけど、自分から切り捨てる人間関係なんてただのワガママかもなんて頭では考えていたりするので、そういったところが実感出来れば何より良いのかなとも思います。

でっかい自然の中にぽつりと1人夜を過ごす事で、普段感じない不安や恐怖といった感情が出て来た時にその感情を真正面から見つめて、整理をしても良いように思う。

そのためにもやっぱり野営にしよう。そうしよう。

 

4.素の自分・知らない自分を見てみたい

これは野営限定の話なんですが、周囲何キロにも渡って人の目がないであろう状況、完全に1人の場所で、今までのキャンプとどんな違いが出て来るのか、自分の動きとか感覚がどう変化するのかは結構気になってます。

これまで少しずつ集めたキャンプ用品なんかも、もしかしたらソロキャンプを終えて二度と使わないものに変わるかも知れない。部屋でも全裸になるのに抵抗があるのに、急に素っ裸になるかもしれない。

「なんだ、俺はキャンプのここが好きだったんだ」とか「意外とビビりなんだな」とか、「あれ、本当は虫嫌いかも」とか。そんな風に自分で知らなかった自分に気づけたりしたら、多分素直にすごく楽しい。

あと、普段人との関わりを仕事にしているので、人との関わりを除いた自分を見失い始めてるような気もする。その感覚をリセットすることが出来たら良いなあ。 
f:id:mazymart:20170808210417j:image

 

5.新しいことに挑戦したい

今までしてこなかったソロキャンプ。どんな事でも初めて挑戦する時が一番不安で、楽しくって、達成感もある。

熊とかイノシシとか本気で怖いし、ついでに言ったら蛇とか鹿も多分手の届く範囲に出てきたら「うわっ」てなった後固まると思う。それに山の中で迷子になったらどうしようとか荷物に不足があったら今までのオートキャンプみたいに簡単に戻れるもんじゃないし、とか。怖いことばっかりだよね。

それでもやりたいと思うんだから、今までグループやデュオでのオートキャンプで楽しんだ分、より強い刺激が欲しくなったのかも知れない。

自分がどれくらい自然の中に入りこんでいくのが心地よいと思えるのか。自分で見てみないと信じられない質なので、一度心地良いラインを越えてみて、これはやりすぎたって思うくらいしないと自分にとっての快適が分からないんじゃないかな、と自分の物分りの悪さに驚いたり感謝したり。今回はその為の第一歩が野営ソロキャンプなんだろう。

楽しくなかったら次はやらなきゃいいし、次はこうしたいと思えたんならそうすればいいや。

色々思うことを書いたことで、シンプルな気持ちで初めてのソロキャンプをすすめられそうです。
f:id:mazymart:20170808210436j:image

 

とりあえず全力で楽しんできたいと思います。実際にこれらを楽しめたかどうかも後日書こうかな。

あ、あとソロキャンプということで沸々と湧き出た物欲も、安価な物を買い漁る事である程度満たしたので、活躍する姿を見せられればと思います。

それでは。

野営キャンプ in 静岡 (後編)

突然の雨。ゲリラ豪雨は夏の風物詩になりそうですね。Nenzaboyです。

 

f:id:mazymart:20170627200542j:image

 

前回の続きですが、静岡の洞窟キャンプの話です。

f:id:mazymart:20170627200608j:image

 

なんやかんやで洞窟に辿り着いた僕らですが、いざ洞窟に入ってみるとおじさんが

「なんかあったら崩れてきそうで怖い」

と完全にビビり倒していたので、一度洞窟の外にテントを張りました。正直、何をそんなに怖がっているのか分からなかったのですが、おじさんが場所を見つけてきてくれていた裏には、こういう慎重な面があったからというのもあるか。と思いすんなりと受け入れました。感謝溢れていましたから。

  

でも、結局そのあとに雨が降りそうということで洞窟に移動し直しました。 

f:id:mazymart:20170627201333j:image

洞窟の中は、入り口の見た目とは違って大きなスペースが広がっていました。そして洞窟の向こう側は海だったので、オーシャンビューの一等地でした。天井も軽く10mはありそうな高さで、かなり居心地の良さそうな感じ。

f:id:mazymart:20170627201351j:image

地面は、海に近い方は砂地、海から遠くなるにつれて小石、石の割合が大きくなっていく感じだったので、ほどよい距離を検討してテントを立てる。なだらかな砂地の斜面だったので、足や石でなんとなく砂をならしてから立てました。 

今回は、おじさんが全ての道具を用意してくれていたお客さんキャンプ。

おじさんの持ってきたユニセラでの調理もだんだんクセになってくる良さがある。ちいさなグリルの上で雑に焼かれた肉を噛みちぎるのもたまらないです。

f:id:mazymart:20170627201537j:image

もともとかなりロケーションが良く、ローチェアに座ってぼーっとしながら焚き火をしていたのですが、ふと暗くなったのを察知してランタンを点けると、ここからは完全に異世界級のロケーションになりました。

f:id:mazymart:20170627201555j:image

ただただ心地よい空間でした。

 

夕方からかなりの雨が降ってきたのですが、洞窟なので雨はお構いなし。むしろ洞窟から見える海の様子や、波の音。雨の静けさが強調されたように感じ、初にして最高の野営キャンプが出来たんじゃないでしょうか。

 

f:id:mazymart:20170627201633j:image

 

そんな感じでとても充実した野営キャンプでしたが、夜中に二人でテントに入って寝ようとした途端に、外から物音がしました。

最初は近所のおじさんとかが来たのかもなんて思っていたんですが、音の様子が明らかに人のそれでは無かったので

「うわあこわいこわい」「野生動物だったらやばいよー」

と、完全に弱気になりながらも意を決して様子を見に行くと、小さな黒猫が遠くに置いておいたゴミを漁っていました。猫でよかったー。

安心して寝た僕と、心配でなかなか寝付けなくなったおじさん。二人で小雨の降る中、雨に当たらない洞窟で快適な片付けを済ませて早々に帰路につきました。

おじさんが帰りに寄った温泉が「塩くさい」と文句を言っていましたが、トータルで見て最高の野営キャンプだったかと思います。

 

最近はソロキャンプもやりたいと思っているので、道具についても色々検討したいなあと思っています。

それでは。

初の野営キャンプ in 静岡

キャンプの季節到来ですね。混雑が苦手だったのですが、今年は夏には夏の楽しさがあるという事にも気付けそう。Nenzaboyです。

 

f:id:mazymart:20170626003101j:image

 

今回は今年の3月に初めて行った野営キャンプについて。

 (場所については他の人もぼかして書いているので、その流れを読んで書かないことにします。)

 

いつものおじさんと、いつも通り「キャンプに行こう」と言っていた時にたまたま見つけた洞窟キャンプというフレーズ。

2人とも一瞬で心を奪われたのですが、野営キャンプはほぼほぼ違法らしく、場所についての記載が無い。

どうしても行きたかったであろうおじさんは、そのブログに書いてある情報から場所を特定していくという刑事みたいな動きをして、当日には

「ここじゃないかな?」

と、自分のiPhoneの地図にピンまで刺して来てました。

しかも当たってた!おじさんすごい。

僕は完全に行き当たりばったりでやろうとしていたので、ちょっと反省。おじさんに感謝。

 

f:id:mazymart:20170626010224j:image

途中で洞窟がありそうな所を見つけては、車を停めて覗きに行きました

 

お互い初めての野営キャンプだったので、期待と不安が混じっていたので寄り道が多かったような気がします。

どっかにあった側道に

「野営できるんじゃない?」

なんて2人で言いながら入っていきました。

 

f:id:mazymart:20170626010751j:image

 

その先には焚き火の跡が!

 

f:id:mazymart:20170626010850j:image

完全に人が居た証拠ですね。ビビリな僕は野営に対して緊張感があったのですが、こうやって実際にその名残を見ると、

『誰かがここで夜を越したのかあ』

と、感心したり安心したり。

何よりもちょっと野営キャンプを身近に感じることが出来たので、勇気をもらえた気がしました。

 

そんなこんなで着いた目的の洞窟がこち

 

f:id:mazymart:20170626011244j:image

 

この小さな入り口を抜けると大きな空間があります。なんか秘密基地みたいで、これだけでも楽しい。

 

長くなったので次に回します。

 

 

 

久しぶりの体調不良

梅雨ってなんだっけ?ってくらい晴れてますね。Nenzaboyです。

 

f:id:mazymart:20170623144913j:image

 

朝から食あたり?になりダウンしました。

幸い出すもの出したら落ち着いて、仕事は休まずに済んだので何よりです。

 

悪くなってるかもなーって物は食べない方がいい。

疑わしきは捨てる。今日からの鉄則です。

 

 

気づけば6月。梅雨の季節

こんにちは。なにやら忙しく日々を過ごしていたらあっという間に6月も終わりそうですね。Nenzaboyです。

f:id:mazymart:20170622135621j:image

 

梅雨の季節に毎年思うのですが、どうやったら雨を楽しむことが出来るのか。

そもそも雨自体はあまり嫌いじゃないのですが

「雨好き!早く雨降らないかなー!」

とはならないですよね?

 

本当に雨を楽しめるようになれば、一年通してめちゃくちゃ楽しいと思うんです。

 

今年は雨キャンプもやろうと思っているので、とりあえず土日に小雨が降ってほしいです。大雨は怖い。

 

 

僕がiPhoneに今入れてる脱獄アプリ、Tweak

こんにちは。朝にはフルーツグラノーラを食べ、コーヒーにはミルクを入れ、夜にはプロテインを飲んだり飲まなかったり。牛乳の消費が財布を圧迫してきます。Nenzaboyです。

 

今回は今後の脱獄iPhoneの整理に向けて、メモ書き程度に今入れてるTweakを書いていきます。

「Tweakってなに?」って人は検索すればすぐ出るので調べてみてくださいね。脱獄したら使えるアプリみたいな感じです。

一応、脱獄勧めるわけじゃないよーって書いておいた方が良いんですかね?

勧めません。

 

 

Action Menu / 文字押すとポンって出てくるコピペメニューの機能強化。必須

Activator / 様々なボタン、タップやスワイプなどのジェスチャーに役割を割り当てる。必須

✳︎Adblocker / 広告ブロック。効いてるかあんま分かんないから時間ある時に調べてみる

Alerm Volume / アラームの音量を個別に設定する。便利

Anchor / 好きな場所にアプリのアイコンを置く

AskBeforeCalling / 電話かける前にポップアップが出て誤発信防止。必須

Callbar / 着信時の全画面表示を無しにして小さく表示する。電話してる時に間違って消す時あるから代替Tweak探すのもアリ

BetterShutdown / 電源長押しでリスプリング、再起動、シャットダウンのメニューが出る

CarDate / ツールバーのキャリアの部分に今日の日付を表示。慣れると便利すぎ。必須

f.lux / 画面の色温度を変える。もともと明るい画面が苦手なので最高

 

一応アルファベット順に書いてるのですが数多くて挫けたので、中途半端ですがここまでということで。続きはまた今度。最後に全部まとめたやつも作りたいと思います。

それではまた。